屋上庭園プラスワンリビング提案業務

「人生にプラスワンの贅沢を。」

お客さま目線で活用できる空間づくりを目指します。

 

プラスワンリビングは、
実績のある木造住宅用の屋上リビングパッケージです

プラスワンリビングは、2010年11月に発売した木造住宅用の屋上リビングパッケージです。「これからは、誰にでも屋上。」を掲げ、従来、高価で手の届かなかった屋上庭園を家族の新しい憩いの場として普及させることを目指してきました。

木造住宅の特性に配慮した金属防水を採用し、プラスワンリビングは「人生にプラスワンの贅沢を。」をテーマに、各分野の専門家と協力して、お客さま目線で活用できる空間づくりを目指します。

 

さて、屋上庭園部分の構造と施工過程を私なりに解説してみました。

屋上庭園を企画提供する東邦レオ株式会社
そして企画した屋上レイアウトを実現させるのは屋上庭園施工専門腕利きの職人さんです。

屋上庭園施工専門スタッフがEPS(ビーズ法発泡スチロール)を採用したオリジナル工法基盤を超強力な両面テープで床タイルと位置を合わせてピッタリ張り合わせます。部材を下準備して各屋上庭園のある分譲現場に運んで屋上を仕上げるという効率的手法をとっています。

屋上庭園施行については栄住産業スカイプロムナードによる金属防水処理を施します。手順としては、結露防止シートを全体に敷き、その上に座板を止めます。次にジョイントベースを止めスプリングキャッチャーを接着し、座板に接着剤を塗り鋼板本体をしっかり接着します。最後に保護マットで金属面全体を覆って防水工事終了です。

 

その後、東邦レオが企画提供する屋上庭園の装飾仕上げ作業を行います。屋上タイルと人工芝パネルを保護マットに接着。基盤は断熱性が高いので屋上面が直接熱せられるのを防く効果があります。

屋上庭園仕上げ工程中の現場がこちら。施工スタッフがキレイにタイルを敷き詰めて仕上げます。

最終的にこのような素晴らしい庭園に出来上がります。

以上、屋上庭園の施工から仕上げまでのレポートでした。

NIGHT LOUNGE
間接照明で演出する非日常なくつろぎ空間


OUTDOOR FIELD
家族の外遊びをサポートする屋上空間


DOG GARDEN
愛犬との「ほっ、と時間」をつむぐ場所。


BASIC PLAN
ベーシックプラン。床材の組み合わせパターン。

プラスワンリビングで「屋上グランピング」

グランピングとは、「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語。ここ数年でアウトドアは特殊な趣味ではなく、ライフスタイルに取り入れられるカルチャーのひとつとして広く親しまれるようになりました。

グランピングを楽しむ方法には、リゾートホテルや車での旅行、レストランでの演出などさまざまな形がありますが、そのひとつの選択肢としてプラスワンリビングは、自宅の屋上に「グランピングテラス」を提案。お気に入りの音楽と本を用意して1 人でほっと一息ついたり、週末の朝ごはんをピクニック気分で楽しんだり、思い立ったら友人を呼んでBBQ パーティをしてみたり。

自宅だからこそ気軽に手に入る贅沢な時間です。