屋上庭園・金属防水施工プロセス

PLUSONELIVING

屋上庭園プラスワンリビングの構造・施工過程を簡単に解説。

屋上庭園施行については栄住産業スカイプロムナードによる金属防水処理を施します。

手順としては、結露防止シートを全体に敷き、その上に座板を止めます。

次にジョイントベースを止めスプリングキャッチャーを接着し、座板に接着剤を塗り鋼板本体をしっかり接着します。

最後に保護マットで金属面全体を覆って防水工事終了です。

その後、東邦レオ株式会社の企画提供する屋上庭園プラスワンリビング仕上げ作業を行います。

EPS(ビーズ法発泡スチロール)を採用したオリジナル工法の基盤をスタッフが超強力両面テープにてタイル・人工芝パネルを保護マットに接着。

基盤は断熱性が高いので屋上面が直接熱せられるのを防く効果があります。

施工スタッフがキレイにタイルを敷き詰めて仕上げます。

実際に施工した物件現場がこちら。

施工中の過程はこんな感じです。

屋上庭園プラスワンリビングを採用した新しい住まいの企画提案を致します。